どうするの?突然の葬儀喪主

記事を検索
Contnets

服装のマナー

突然の通夜・葬儀などのさいに戸惑ってしまうのが、着ていく服やアクセサリーなどでしょう。
通夜や葬儀では喪服というイメージがありますが、実は昔は喪服は「喪に服する」遺族だけが着用することになっていました。
しかし現在では参列者なども喪服や黒い衣服を身に付けることが一般的なマナーとして位置付けられています。
しかし黒い腕章を付けるのは喪主・遺族・親戚・世話役など遺族側の立場にある人だけになっていますので、参列者は間違ってつけることがないようにしたいものです。
では遺族として葬儀や通夜に参加する場合、どのような点に気をつければよいのでしょうか。
以前では喪服は葬儀・告別式だけ着用し、通夜には略喪服でよかったのですが、最近ではどちらのさいにも喪服を着るというのがマナーになりつつあります。
また色に関しては黒というのが当たり前になっていますが、日本の歴史で見ると白い喪服が主流になっていたともいわれています。
地域によってはそれらの習慣がのこっており、遺族は白の喪服を着用する習慣を守っているところもあります。
ではさらに具体的に、男性の場合にはどのような点に注意できるのでしょうか。
基本的に黒のフォーマルスーツ着用でワイシャツは白がスタンダードになっており、ネクタイは黒無地のものを用意しましょう。
ベルト、靴下、靴などの小物類も黒にしなければなりませんが、最近ではコンビニや100円均一などでも売られていますので、急に参加するようになった際などにはそれらを活用するのも良い方法です。
また通夜の場合には紺やグレーのスーツでもかまいませんが、タイピンなどは外しておくようにしましょう。
葬儀・告別式はフォーマルな場所になりますので、モーニングコートや黒のフォーマルスーツ着用が一般的になります。
和装はあまり多くありませんが、もし着用する機会があるなら、羽二重などの黒無地染め抜き5つ紋付の着物と羽織、仙台平の袴、帯は角帯を着用することになります。
女性の場合には黒のフォーマルスーツ(ワンピース)を着用することになりますが、注意したいのが黒くても光沢があるエナメル製のバッグやヒールなどで、それらはマナー違反になってしまいます。
さらにアクセサリーは結婚指輪以外ははずしますが、真珠の一連のネックレス程度であれば問題ありません。
通夜の場合でしたら寒色系の色無地に喪帯を着用して参加しても問題ありません。
このような服装に注意して葬儀や通夜に参加するようにしましょう。