どうするの?突然の葬儀喪主

記事を検索
Contnets

お通夜のマナー

慣れていない場合に戸惑ってしまうのが葬儀だといわれています。
やはり失礼がないようにしなければいけないですし、場所によってしきやりや宗教による違いなどもあるので注意が必要です。
ではまず訃報を知ったらどうしたら良いのでしょうか。
電話等でお悔やみの言葉を述べ、通夜・葬儀の日程を聞くというのが一般的になっていますが、お世話になっていたり親しい関係柄にあるのであれば、手短に通夜の前に訪問してもよいかもしれません。
また遠くに住んでおり、通夜・葬儀に参列できない場合には弔電の手配をする必要があるので、遺族に葬儀社の連絡先を聞いておくとよいでしょう。
では参列時するさいにはどのような注意点を挙げることができるのでしょうか。
まず注意できるのが服装ですが、ブラックスーツ、黒のフォーマルドレスなどが一般的になっています。
黒くても光沢のある服、エナメル素材のバッグや靴などは非常識とみなされてしまいますので注意が必要だといえるでしょう。
アクセサリー類もなるべくつけないほうが良いのですが、一連のパールのネックレスなどをしておくと良いでしょう。
ほかに持参するものですが、お香典は弔事用の袱紗(ふくさ)に包むようにし、表書きは宗教によっても違いますが「御香料」「御香資」などはひろく使えます。
さらに重要になるのが数珠ですが、これは数珠袋などに入れて持ち運び、お経の間、手に持ち続けるのがマナーだとされています。
そして葬儀で一番迷ってしまうのが焼香作法になりますが、抹香(まっこう)をつまんで香炉に入れて焚くのは同じですが、回数は1〜3回と宗派などによって違いがあります。
故人の宗派の作法に合わさなければいけないというのは原則ですが、そこまで細かく注意している方も少ないですので、手を合わせようという気持ちがあるのであれば、自分自身の家の宗派のお参り方法でも問題ないとされています。
また葬儀や通夜というのは様々な準備などがあり、遺族から何か用事を頼まれることもあるかもしれません。
頼まれ事によってはこれまでしたことがないようなものもあるかもしれませんが、遺族の気持ちを察してなるべく受け入れてあげるようにしましょう。
マナーやしきたりはほかにも地方によって様々ですので、地方にわざわざ行くというような場合には、その土地にくわしい人に作法を聞いておいたり、インターネットなどで検索してから参加するとよいかもしれません。
また当然ですが遅刻しないようにしましょう。

便利な葬儀の情報サイト