どうするの?突然の葬儀喪主

記事を検索
Contnets

良い葬儀社の選び方

一般的に病院で亡くなられた場合、病院から葬儀社が紹介されることになりますが、病院で紹介されている葬儀社が良いとは限りません。
むしろ多くの場合、通常の業者にくらべて費用が高くなってしまいますので、あらかじめ葬儀社を選んでおくことをオススメします。
では葬儀社はどのようにして決めることができるのでしょうか。
よくあるのが親戚や知り合いの紹介です。
たしかに急に当事者の方がお亡くなりになってしまったような場合にはゆっくり決めている時間はなくなってしまうのですが、そのように紹介されるなかにも悪徳な葬儀社もありますし、大手で有名であってもそれが良いとは限りません。
それで良い葬儀社かどうかを知るにはいくつかのポイントをチェックすることができるのですが、注目できる点として、JECIAのような葬儀社の格付機関の評価、国際規格のISO9001の取得をしているのかどうかをみることができるでしょう。
さらに分り易いポイントとしては、「葬祭ディレクター」がいるのかどうかも挙げることができます。
この「葬祭ディレクター」というのは、厚生労働省認定の民間資格で葬祭業界に必要な知識と技術があることを保証してくれるものです。
ちなみにこの資格は「全日本葬祭業協同組合連合会」と「全日本冠婚葬祭互助協会」が監修していますので、正式なものです。
この資格を持っている人がいるかどうかがなぜ重要かというと、実は葬祭業を開業するためには、許可も届出も必要ないとされ、素人でも葬儀社を立ち上げることができるからだといわれています。
このような葬儀社選びをするさいにさらに重要になってくるのが、どのような葬儀を挙げたいのかという希望になります。
大きな規模の葬儀をしたいのか、低価格の葬儀をしたいのかでもプランは変わってきますし、それぞれの葬儀の得意のタイプというものがあります。
それで事前に当事者と話し合っておき、どのような葬儀にしたいのかを確認しておくことが重要になるといえるでしょう。
さらに余裕があるのであれば事前に葬儀社に行ってみて、希望を伝えたり、見積りをとってみるというのは重要なことです。
なかにはそのような事前の訪問に良い顔をしない葬儀社などもありますが、そのような葬儀社は後でもトラブルになる可能性がありますので、なるべくそのような葬儀社は避けるようにしましょう。
むしろ親身になって相談にのってくれたり、こちらの要求をよく聞いてくれるような葬儀社はオススメです。