どうするの?突然の葬儀喪主

記事を検索
Contnets

遺体の搬送の注意

はじめての場合にとまどってしまうのが遺体の搬送でしょう。
例えば病院でお亡くなりになったような場合、ご遺体を病院から自宅などに搬送する必要が生じます。
しかしその際に注意しなければいけないのは、医師の書いた「死亡診断書」が必要になるという点です。
この死亡診断書ですが、区市町村役所に提出する死亡届のためにも必要ですし、これがないと火葬・埋葬の許可も下りません。
またこの診断書は保険金や遺族年金の請求にも必要になってきますので、2通ほど作成してもらっておくと良いでしょう。
そして遺体を搬送するさいにこの死亡診断書がないと違反になってしまうので、死亡診断書を所持している人が遺体搬送の寝台車に同乗することが必要です。
遺体搬送の寝台車に同乗遺体搬送の寝台車に同乗また葬儀社に連絡を取り、遺体搬送車(寝台車)を手配して搬送するというのが一般的になっています。
しかしこの点で注意しなければならないのが、死亡届を出すと故人の資産は凍結されてしまうという点です。
一度凍結されてしまいますと、故人の資産は遺産となり、法的相続人が確定するまで動かすことができなくなってしまいます。
この点に関してはとくに決まりというものはなく、遺族の方が自家用車でご遺体を搬送されるというのも可能ですが、安定性・安全性・不測事態への対応などを考えると葬儀社に依頼したほうが望ましいといえるかもしれません。
では、葬儀社にご遺体の搬送を依頼する際にどのような注意点があるのでしょうか。
まず基本的に重要になる点としては搬送先を決め、正確な住所を伝えるということを挙げられるでしょう。
以前では自宅に引き取るというケースがほとんどだったのですが、最近ではマンションなどに住みスペースが限られているという場合もあり、自宅以外の斎場などで遺体安置室や保冷庫のあるところなどに安置するケースが増えてきているようです。
どこに安置したほうがよいのかは、それぞれ意見があると思いますので生前に本人の希望を聞いておくと後でトラブルなどを避けることができるに違いありません。
このようなことが済んだら今度は近親者の方のみに連絡し、安置場所に駆けつけていただくことのできる近親者には細かな住所などを伝えることができます。
注意しなければいけないのは、宗教・宗派によって、ご遺体の安置のしかたや弔い方に違いがあるという点でしょう。
このような手順が済んだら、後は通夜、葬儀・告別式と出棺、火葬・骨上げ、葬送という流れになっています。