どうするの?突然の葬儀喪主

記事を検索
Contnets

無宗教葬とは

個人によって違いがあるものというのはたくさんありますが、なかでも葬儀は千差万別です。
仏教式のものからキリスト教式のものまでありますが、日本において多いとされているものに特定の宗旨・宗派にとらわれない葬儀スタイルである無宗教葬というものがあります。
無宗教葬は「自由葬」とも呼ばれることがあり、年々増加傾向にあるといわれています。
また珍しいものでは音楽葬といって、独自のテーマで行う葬儀もありますが、それらもこの自由葬に分類分けできるでしょう。
この無宗教葬というのは宗教の縛りがないぶん、かなり自由に行うことができますが、葬儀社でよく執り行われることがある無宗教葬では、通常行われる仏式の式次第をもとに、宗教色をなくした形で行なわれるというケースが多いとされています。
よくあるパターンとしては開会の言葉とともにはじまり、黙祷、思い出の曲などの献奏、故人の経歴などのナレーションやスライド・DVD・ビデオの上映などがあり、献花、そして閉会の言葉という流れでしょう。
なかには献花をカットしてしまったり、かわりに焼香にしたり、変わったケースでは歌や踊りで賑やかに過ごすというものもあります。
このように自由で個性的な無宗教葬ですが、いくつか注意点があります。
たとえば「無宗教では成仏できない」というような宗教心や思いをもっている親戚などがいると、自由な葬儀は受け入れられにくくなってしまうかもしれません。
なかには事前に相談なく無宗教葬にしてしまったため、遺族・親戚間でトラブルになってしまったというケースもありますので、事前にどのような式にするのかなどを話しあっておくことは重要です。
さらに注意しなければならないのが葬儀社の選択ですが、葬儀社によっては無宗教葬に慣れていないところもあり、企画力、演出力、実行力に自信がないところもあるでしょう。
無宗教葬はマニュアルがないので、より葬儀社の企画力、演出力、実行力が重要になります。
無宗教葬に慣れている葬儀社なのかどうかを確認するのも良いですし、事前にこれまでどのような無宗教葬を行なってきたのかなどを聞いてみるとよいでしょう。
さらに日本の場合には、故人を思い出すことができる四十九日法要、一周忌法要などの習慣がありますが、その部分に関して仏式にするのか、無視するのかも事前に打ち合わせておくべきです。
無宗教葬や自由葬はよく目にしますが、実際に行なっている方は極少数だといわれていますので、よく相談して決めるようにしましょう。